塩ビメーカー大手のクボタケミックス値上げ発表

平成 29 年 4 月 13 日 株式会社クボタケミックス

 

塩化ビニル管、ポリオレフィン管類の値上げについて 当社はこの度、塩化ビニル管、ポリオレフィン管類の値上げを実施致しますので、下記 のとおりお知らせします。

【実施日】 平成 29 年 5 月 22 日(月)出荷分より

【改定幅】 ① 塩化ビニル管類 平均20%以上

② ポリオレフィン管類 平均20%以上

③ 継手類 平均12%

④ その他関連製品 平均12%

【値上げ理由・背景】

樹脂メーカー各社は、当社製品の主原料である塩ビ樹脂・ポリオレフィン樹脂価格に 関し、昨年 11 月末の石油輸出国機構(OPEC)の減産合意を受け、原油・ナフサ価格が 高騰していることや、高止まりしている海外市況との格差是正等を理由として昨年末以 降、相次いで値上げを打ち出しました。 当社では、需要低迷が続く国内の市場環境を考えると、値上げ受け入れは困難との姿 勢で国内樹脂メーカー各社と交渉を続けて参りましたが、その後も原油・ナフサ価格の 騰勢は続き、原材料調達面で支障が生じる可能性が出てきたことから、原材料の安定調 達体制を維持するため、やむなく値上げを受諾することに致しました。 当社では、合理化を中心とする抜本的なコストダウン対策を引続き推進して参ります が、今回の原材料値上げによるコスト上昇は自助努力で吸収できる限界を超えており、 製品の安定供給を続けるため、やむなく製品値上げを実施することと致しました。                以上